川越工高トピックス

2022年3月の記事一覧

【化学科】乙種危険物取扱者全類取得者表彰

3月15日(火) 表彰式が行われ、化学科2年生の大道昊君が乙種危険物取扱者免状全類取得者表彰で表彰されました。
危険物取扱者は消防法に基づく危険物を取り扱ったり、その取扱いに立ち会ったりするために必要となる国家資格です。乙種は1類から6類まであり、大道君はこれらの試験に全て合格し、免状を取得しました。大道君は消防法に定められた全ての危険物を取り扱うことができることになります。おめでとうございます。

【成年年齢引き下げについての講話】

3月15日(火)2学年対象に埼玉県消費者支援センターよりさいたま市消費生活相談員の北﨑様を講師にお招きし、成年年齢引き下げについて(大人になるまでに知っておきたいこと)の特別講座を行いました。

令和4年4月より施行される、成年年齢を18歳に引き下げる法律が施行されます。成年に達すると、親の同意を得なくても、自分の意思で様々な契約ができるようになります。

「契約について」「キャッスレスについて」「クレジットカードについて」など、これから関わりをもつでことになる内容についてわかりやすくご説明いただき、高校生で気にすることがなかった社会との関わり方について真剣なまなざしで講演を聴いていました。また、困ったときには「消費生活支援センターに連絡をする」と相談する機関があると知ることができました。

後半のロールプレイングでは演劇部の生徒を中心にわかりやすく事例の紹介をしていただきました。

これから3年生は成年となる年齢になります。大人社会と関わり方を考えながら学校生活を送っていきましょう。

 

【表彰式・壮行会】

3月15日(火) 1,2年生の表彰式・壮行会を実施しました。
始めに自転車競技部の競技成績や工業科の資格取得、検定合格、技術競技会での優勝などについての表彰を行いました。
壮行会では、自転車競技部の全国大会出場を称え、更なる活躍に向けてエールを送りました。

高いレベルの工業技術の習得、部活動での活躍、今後も川越工業高校生に期待しています。

 

【化学科】資格表彰

3月9日(水) 3年生の表彰式が行われました。化学科3年生・草岡純平君が甲種危険物取扱者免状取得者表彰で表彰されました。甲種危険物取扱者試験は高校生が受験できる国家資格としては難関とされ、高校生が甲種の受験資格を得るには第1~6類に及ぶ「乙種」から決められたものを4つ以上合格する必要があります。草岡君、おめでとうございます。
  

【卒業式】

3月10日(木) 日差しの温もりが感じられるなか、令和3年度の卒業式が挙行され、卒業生269名の門出を祝いました。

卒業生は、緊張した面持ちながらも堂々とした姿で入場し、厳かな雰囲気のなかで式は進みました。
感染症対策のため、体育館での保護者の方のご列席は1名に限らせていただき、校舎内別教室でのライブ配信も行いました。

長引くコロナ禍の影響で、修学旅行や文化祭などの行事も思うようにできない日々が続く3年間でしたが、卒業生の皆さんは、厳しい状況でも気持ちを途切らせることなく毎日学業に励み、今日という日を迎えることができました。

校歌にもある通り、本校で学んだ工(たくみ)の精神(こころ)を忘れずに、それぞれの道を力強く進んでください。
ご卒業おめでとうございます。あらためて心よりお祝い申し上げます。