川越工高トピックス

2021年6月の記事一覧

【電気科】フォスター電機株式会社様によるスピーカ製作授業

 6月29日(火)電気科1年生工業技術基礎においてフォスター電機株式会社 フォステクス カンパニーの玉置様、仲前様に「未来の職業人材育成事業」の取組としてスピーカの製作授業を行っていただきました。
 前半は、「音とは何か」をテーマにわかりやすく講義していただきました。音の発生の仕方や伝わり方で分類分けができることを知りました。後半は、音出実験と振動実験を行い、音の振動に触れたり、波長をクッションビーズで見ることができました。
 製作時間は、初めて見るスピーカの部品を慎重に扱い、スピーカの構造を確認しながら楽しそうに製作をしていました。生徒は、自分で製作したスピーカの音を確認をして、とても感動していました。
 フォスター電機株式会社の玉置様、仲前様には、お忙しい中、たいへん充実した授業を行っていただきまして、ありがとうございました。

【化学科】ものづくりコンテスト<化学分析部門>埼玉県大会 報告

6月19日(土)第12回「ものづくりコンテスト化学分析部門」埼玉県大会が埼玉県立久喜工業高等学校で行われました。本校から選手に選ばれた化学科の4名が出場しました。県内8名の選手が参加し、「試料水中のCaおよびMgの定量分析」という課題にチャレンジしました。最後まで苦労しながら全員が課題をクリア―して終了しました。結果は1位に1年生の多胡敏明さん、2位に3年生の石川美音さんが入賞しました。夏休み中に千葉県で行われる関東大会に出場する予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【第2回学校説明会】

6/26(土) 第2回学校説明会を開催しました。
本校の概要説明および5つの専門学科の施設をご覧いただき、教育内容について理解を深めていただきました。新型コロナウィルス感染拡大防止対策のため、限られた時間・内容でしたが、終了後に記入していただいたアンケートでは多くの参加者の皆さんに『満足いく内容であった』との回答をいただきました。
今後の説明会では、より詳しく本校の魅力や教育活動、入試等についてお伝えする予定です。今後の学校説明会もよろしくお願いいたします。

【電気科】高校生ものづくりコンテスト最優秀賞!

6月19日(土)に高校生ものづくりコンテスト電気工事部門で3年生の山崎良太君が最優秀賞、2年生の髙部友葉さんが6位に輝きました。4月下旬からコツコツと練習に励んだ成果が出たと思います。川越工業高校としては、2大会連続で関東大会出場となりました。

山崎君は部活動の部長、進路活動に課題研究と3年生として様々なことにチャレンジをしている努力家です。自分でスケジュール管理をおこない、ものづくりコンテストの練習に取り組んでいました。

髙部さんは電気工事士の資格は未取得で、1から電気工事の技術取得に取り組みました。女子が金属管の曲げ加工をおこなうのは大変だったようです。僅差で入賞を逃しましたが、コンテスト参加者の2年生でトップでした。来年度の成長が楽しみです。

山崎君は8月に栃木県でおこなわれる関東大会に出場します。これからも努力を重ねてさらなる飛躍をしてくれると信じています。

【建築科2年生】建築系資格説明会及び学級懇談会を実施しました

6/12(土) 若手の建築系人材確保の目的で、建築士法改正によって受験資格が緩和されたことを受け、建築科2年生と保護者の皆様を対象に建築系資格説明会及び学級懇談会を実施しました。

建築系資格説明会では、株式会社日建学院 山口様、鈴木様を講師にお迎えし、国家資格である「二級建築士」、「2級建築施工管理技士」について、受験資格や試験の内容、取得することのメリットなどをわかりやすく説明していただきました。実際に出題された設計課題について、模範解答をもとに解説していただいた際には、日頃の授業との関連性を感じながら、知識・技術の習得の重要性を再認識したようです。

学級懇談会では、コロナ禍における日頃の学校生活の状況や夏季休業中に建築科2年生を対象に実施するインターンシップと卒業後の進路について、情報を共有させていただきました。お越しいただきました保護者の皆様、ありがとうございました。