川越工高トピックス

2020年6月の記事一覧

【部活動再開】

6月24日(水)部活動が再開されて2日経ちました。生徒はこの瞬間を待っていたかのようにグランド、体育館等の各活動場所で躍動しています。1年生は部活動見学期間です。3年間、有意義に学校生活が送れるよう、積極的に見学してください。また、運動部は、段階的に運動量を増やしていき、熱中症にも気をつけて、当面の活動を行っていきたいと思います。感染症対策を部活動の中でも指導していきます。

【平常授業の様子です】

6月23日(火) 今日は平常授業の様子をお伝えします。機械科3年生は「減速歯車装置」の設計製図に取り組んでいます。電気科1年生は「テスター」の製作を始めました。教室には真剣に「座学」に取り組む生徒たちの姿があります。川越工業高校の「学び」が本格的に再開しました。

【通常登校が始まりました】

6月22日(月) いよいよ通常登校が始まり、50分6時限の平常授業となりました。生徒たちは久しぶりの6時間授業に、緊張しながらも楽しそうな様子でした。本日は昼休みの食品販売と学食の様子を紹介します。生徒たちは、しっかりと感染拡大防止を考えながら行動をしていました。今後も安全な高校生活のために、一人ひとりが意識を高く持って過ごしてほしいものです。

【通常登校に向けて】

6月22日(月)からの通常登校(6時間授業)の実施に向けて、学校内で新型コロナ対策が様々なところで施されています。食堂では先生方の手作りのビニールカーテンを設置し、対応をしています。マスクの着用、手洗いの徹底、席の座り方等の約束事がいくつかありますが、安心して学校生活を送れるように準備しています。また、食堂食堂関係者の皆様のご協力に感謝申し上げます。

【化学科3年化学実習】

6月12日(金)、13日(土)学校再開後初めての3年生化学実習が行われました。生徒は楽しみながらも、真剣に実習を行っていました。さすが3年生。手慣れた様子で実験を行う姿に、生徒たちの成長を感じます。卒業まで、後1年。より多くの知識・技術を身に着けて卒業して欲しいと思います。

 写真は、スポーツドリンク中のビタミンCの量を測定している様子です。身近な物の成分を自分たちで測定できることに、面白さを感じているようでした。

【建築科 課題研究経過報告会】

 6月12日(金)、13日(土) 建築科3年生の課題研究では「経過報告会」をおこないました。1人5分という決められた時間のなかで教員に対し、これまでの研究の成果や展望を報告する場であり、説明資料をまじえながら自身の言葉で研究の成果を報告してくれました。コロナ禍ということで現地調査ができなかったり、臨時休業延長によりグループで意思疎通の機会がとれなかったりと、例年とは異なる状況ではありますが、今できることを試行錯誤して研究を進めている様子を窺うことができました。今回の報告会で新たに見つかった課題に対しても自分なりの視点を持って解決まで繋げてもらいたいです。

【電気科より】

<電気科>

今週から分散登校が始まりました。1,2年生は教室で普通科目を、3年生は電気実習と課題研究を行いました。生徒は久しぶりの実習を集中して取り組んでいました。暑さの中、マスクを着用しながらの実習は大変でしょうが頑張っていきましょう。課題研究も臨時休業中に双方向授業等で進めていたこともあって、スムーズに始めることができました。

【保護者面談】

6月13日(土) 保護者面談3日目です。保護者の皆様には、お忙しい中お越しいただきありがとうございます。1,2年生の保護者とは、長期間の臨時休業に伴う生徒の心身の健康状態の把握や、進路実現に向けた学習活動についての説明などをしています。3年生は進路決定に向けて、生徒・保護者・担任の三者面談として、より具体的な話をしています。どの学年の面談も、充実した高校生活を過ごすための糧となればと思います。

【授業開始!(教室編)】

6月11日(木) 今日は教室での授業の様子をお伝えします。本校では、教室での授業を「座学(ざがく)」と呼ぶことがあります。1教室に20人の生徒が間隔を保って着席して授業を受けています。高校生としての授業を受け始めたばかりの1年生も含めて、どのクラスも落ち着いた雰囲気です。高校での学びを楽しんでほしいものです。

【授業開始!(実習編)】

6月10日(水) 本日からいよいよ授業開始です。各クラスの出席番号前半の生徒が午前中登校しました。実習の授業も多くはじまりました。感染症拡大防止のために、ソーシャルディスタンス等を考えながらの実習に多少の戸惑いもあったと思いますが、きちんと対応しながら実習に集中している生徒の姿には頼もしさを感じました。明日は各クラスの出席番号後半の生徒が登校します。楽しみにしています。

 

【1年生 始業式】

6月3日(水) 1年生の始業式でした。4月の入学式以来の登校となりましたが、時間に遅れることなく元気に登校している姿を見て喜びを感じました。

始業式では田村校長より、本校卒業生でJR東日本の「Suica」の開発者、椎橋章夫氏から頂きました「夢信進工道」についてのお話がありました。「この言葉は “ 夢を信じて工の道を進む ” という意味があります。このような社会の状況でも一人一人が夢を持ち 諦めず 努力し続ければ 夢は必ずかなう 頑張ってください」

初めてのHRで担任の先生やクラスメイトと会えて、喜びを感じることが出来たと思います。しばらくは変則的な登校が続きますが、校長先生のお話にあったように一日一日を大切に過ごしてください。

 

【2年生 始業式】

6月2日(火)  2年生の始業式でした。2年生の登校は3月末の登校日以来なので2か月ぶりとなりました。久しぶりの学校でしたが、とても明るい表情をして話をしている姿に少し安心をしました。高校生活の核となる2年生のスタートが少し遅れることになってしまいましたが、人々が経験したことの無いこの状況を乗り越えて、学校を盛り上げていってくれることを期待しています。

【3年生 始業式】

 6月1日(月) いよいよ学校再開となり、今日は3年生が登校しました。生徒とやっと顔を合わせることが出来て、先生方の表情も嬉しそうに見えます。

まず、今年度着任した田村校長より「命の大切さ」や「悩みや不安は周囲に相談して、これから再開される学校生活の準備をしよう」といったお話がありました。続いて今年度着任された先生方の紹介を行い、養護教諭より感染症拡大防止の3つの基本など「新しい生活様式」のガイダンスがありました。その後、心と体の健康を意識するために身体測定などを行いました。1年間の自分の成長を知り、これからの進路活動に生かしてほしいと思います。