川越工高トピックス

【化学科】高校生ものづくりコンテスト<化学分析部門>関東大会 報告

8月20日(土)に、「高校生ものづくりコンテスト<化学分析部門>」関東大会が、日本工業大学 宮代キャンパスで行われました。

本校の化学科2名が埼玉県の代表として出場しました。1都4県の代表各2名、合計10名の選手が参加し、「2種類の試料水中のCaおよびMgの定量分析」という課題にチャレンジしました。

生徒たちは夏休みの間、例年以上の猛暑が続く暑い実験室で何度も練習を行い、大会に臨みました。プレッシャーと会場の独特の緊張感のなか、練習の成果を発揮して、丁寧かつ正確に操作を行い、しっかりと課題を終えることができました。

結果は、2年生の大河原 杏菜さんが見事準優勝を果たしました。大会終了後にはお互いの健闘を称え合い、県を越えて交流を深めていました。