川越工高トピックス

【令和2年度 建築科課題研究発表会】

1月22日(金)【令和2年度 建築科課題研究発表会】が換気や手指消毒といった感染症対策を行い開催しました。企業5社7名、保護者25名に来校していただき無事に執り行うことが出来ました。

今年度の4月~6月頃は臨時休校や分散登校など、これまでとは異なる環境のなかで課題研究がスタートしました。計画を立てる際も不確定要素が多く、研究を進めることが困難であったと思います。しかし、そうした状況下だったこともあってか、今年度の課題研究では、他の研究テーマに対しても制作作業やアンケートなど、主体的に協力する生徒が多く見られました。

発表では緊張からか早口になる生徒もいましたが、与えられた発表時間の中、建築科で3年間積み重ねてきたものを生かして研究を進めた成果を発表することができました。この後、終わっていない部分の研究を進める生徒もおりますが、納得のいくものに仕上げてくれることでしょう。

今年度は様々な変化への対応が求められました。こうした環境のなかでこそ発揮された力がありました。発表を聴いた2年生には、今から自身の興味関心と向き合い、不確定な状況下であってもゼロから答えに辿り着けるよう来年度に向けて頑張ってもらいたいです。

ご多忙の中、ご参加いただきました皆様には心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。