川越工高トピックス

【建築科】「技能検定3級 とび作業」

8月6日(金) 「技能検定3級 とび作業」の実技試験がおこなわれ、本校からは7名の生徒が参加しました。この日に向けて5月下旬より練習が始まり、「足場の組立」という慣れない作業に悪戦苦闘しながら、1回1回の練習に集中して取り組んできました。その練習の中では、現場で活躍されているマイスターの方から指導やアドバイスをいただくことができ、作業における注意点や考え方について、プロの声を聴くことができる良い機会にもなりました。

7月に入ってからは、練習も規定時間や精度を意識した本格的なものとなり、生徒自身も何が不足しているのか改善点を模索しながら作業に当たっていました。本番が近づくにつれて暑さも本格的になり、各自が体調を崩さないように給水をしながら練習をおこないました。

そして試験当日。これまで練習してきた成果を発揮するときが来ました。心配もありましたが、生徒は着実に作業をこなし、無事に完成させることができました。一人ひとりが自身の作業に工夫を取り入れ、いかに納得のいくものに近づけられるかが今回のポイントになったと思います。あとは合否の結果を待ちたいと思います。
生徒のみなさん、本当に暑い中よく頑張りました。