川越工高トピックス

ものづくりコンテスト<化学分析部門>埼玉県大会 報告

6月18日(土)に、第13回「ものづくりコンテスト<化学分析部門>」埼玉県大会が本校で行われました。

本校からは化学科の3名が出場しました。県内6名の選手が参加し、「試料水中のCaおよびMgの定量分析」という課題にチャレンジしました。今年度からは県大会でも試料水の数が2種類となり、より早さと正確性が求められる中、選手たちは練習の成果を存分に発揮して無事時間内に課題を終えることができました。

結果は1位に2年生の大河原杏菜さん、2位に3年生の徳田悠真さん、3位に2年生の多胡敏明さんが入賞し、本校が1位から3位を独占しました。大河原さんと徳田さんは8月に埼玉県で行われる関東大会に出場する予定です。