川越工高トピックス

【機械科】機械科同窓会によるパネルディスカッションを行いました

2月13日(木) 機械科2年生を対象に、日産自動車に所属し、南極観測隊越冬隊員として、昭和基地で越冬しロケットによるオーロラ観測に成功した比留間徳久氏、日本鋼管の鉄鋼プロセスの自動化、計測法の開発に携わった小峯勇氏、ソニーのウォークマンを開発し、副社長を務められた高篠静雄氏、日産自動車の制動実験、ブレーキ認証業務を担当されている宮本康行氏の協力のもと、専門性や職業観を高めることを目的としたパネルディスカッションを行いました。
大先輩の重みのあるお話に、生徒たちは真剣に聞き入っていました。生徒たちからの質問にも丁寧に御回答いただき、進路を考える上でのとても有意義な時間となりました。御多忙の中、御指導いただきました先輩方に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。