日誌

【バスケ部3年生の引退】

9月20日(日)川越工業高校会場にて県ベスト8をかけた試合が行われました。対戦相手は白岡高校でした。序盤は若干のリードを許しながらも一進一退の試合展開でした。しかしながら、プレーの節々に選手の緊張が伝わってきました。試合の終盤に巻き返しを図りながら必死にプレーをする3年生、声を出せない中で応援をする3年生の姿に後輩たちは感じるものがあったと思います。惜しくも試合には敗れてしまいましたが、川工バスケ部の新たな歴史を刻んでくれました。普段はおとなしい選手が試合後に“まだ引退をしたくない、みんなとバスケがしたい”と泣き崩れている姿が今年のチームワークの良さを表していたと思います。

これから新チームとなりますが、また川工バスケ部として新たな歴史をつくっていきたいと思います。

川越工業 76-90 白岡  県ベスト16