川越工高トピックス

川越工高トピックス

【12月期学校説明会を実施しました】

12月19日(土)、12月期学校説明会を実施しました。体育館にて学校概要、入試に関する説明の後、希望された科に分かれて説明、見学を行いました。

【化学科】特別講義「燃焼・爆発大実験」を行いました。

12月17日(木) 化学科有志の参加による特別講義「燃焼・爆発大実験」を行いました。

まず、水素の爆発やアセチレンの燃焼実験を行い燃焼の原理を学習しました。次にドライアイス中でマグネシウムを燃やしたり、テルミット反応や粉じん爆発の実験を行いました。生徒たちはさまざまな爆発が起こるたびに歓声をあげて興味・関心を示し、有意義な時間を過ごすことができました。講師のガリレオアカデミー所沢教室の石倉先生、宮林先生、大変ありがとうございました。

 

【デザイン科】パソコン検定を行いました

12月11日(金) デザイン科では2年生が3級を全員、3年生は希望者が2級のパソコン利用技術検定試験を受検しました。内容は知識問題と3級がワードで2級がエクセルの実技問題を受検しました。

【期末考査が終了しました】

12月15日(火) 長い2学期のまとめである期末考査の最終日です。生徒の皆さんはよく努力して、試験で実力を発揮できましたか。明日からは答案返却となります。自分の強みや弱点を見つけて、更なる飛躍につなげて欲しいと思います。

【電気科工事現場見学会】

11月26日(木)2,3限に埼玉県都市整備部設備課主催による、建設業界における担い手確保・育成としての工事現場見学会がおこなわれました。現在、本校でおこなっている体育館の電源設備工事の見学でした。始めに「工事の進め方」と「電気設備工事の概略説明」を講義形式で受けて、現場で配線作業等を見学させていただきました。生徒は作業現場を見学することは初めてでしたので真剣なまなざしで見学をしていました。最後は埼玉県電業協会の方から事業説明を受けて、電気工事業界に関する知識を深めることが出来ました。

 生徒の感想より

「電気工事の試験勉強をして出ていたものが実際に見ることができて、理解がより深まりました。施工の際にチームワークが重要だと感じました。」

「今回の現場見学会で思ったことは、自分の中で電気工事は、電気工事の作業をするだけだと思っていましたが、現場管理などがあると新たな発見がありました。誰かの役に立つ仕事は、すごく良いものだと思ったので、こういう仕事に就きたいと思いました。」

「いつも補習でおこなっている電気工事とは違うものが見られてよかったです。一般家庭の電気工事と違い、学校の電気工事は配線が大変そうでした。」