川越工高トピックス

川越工高トピックス

【建築科】課題研究の中間発表をおこないました

9月10日(金) 建築科3年生が課題研究の進捗や内容について、中間発表をおこないました。夏季休業中の制限や2学期が始まってからの分散登校など、例年になく研究に時間を割くことが難しい状況でした。
しかし、そんな中でも発表資料や梗概(こうがい)の完成を目指して、これまでの研究成果をまとめ上げてくれました。計画的に作業が進んだ生徒もいれば、まだまだ見直しや修正が必要な生徒もいます。研究内容を発表する際、必要な要素は何か、自身の研究で足りていないことは何かなど、今回の中間発表を通じて発見できたと思います。

1月末におこなわれる本発表時には、さらに探究を進めレベルアップした研究内容の発表を期待しています。

【デザイン科】埼玉県立歴史と民俗の博物館50周年事業 ポスター完成報告発表会

9月10日(金)  埼玉県立歴史と民俗の博物館50周年事業ポスター完成報告発表会を行いました。
この夏、1年生3名、2年生1名、3年生4名の有志生徒は、歴史と民俗の博物館開館50周年事業を告知するポスターとロゴの制作を行いました。

外部組織との連携事業が難しい状況ですが、オンライン会議ツールを利用して、無事、博物館にポスター発表のプレゼンを実施しました。
生徒たちは分散登校中のため、プレゼン資料をオンラインで共同編集したり、自宅からZOOMで質問に受け答えするなど、新しい取り組みにチャレンジしています。

ポスターの一般公開は今月中を予定しています。

 

 

 

【協調学習】分散登校中の授業の様子

2学期がスタートして1週間が過ぎました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止対策として、タブレット端末を使用しながらクラウド上で生徒たちの思考を共有しながら、ジグソー法という協調学習に取り組んでいる数学の授業の様子です。
コロナ禍ではありますが、 生徒たちがより良い学びができるように工夫をしていきたいと考えています。

【命の大切さを伝えるポスター】駅構内展示(川越・本川越駅)

9月10日(金)~9月16日(木)、川越駅(東武・JR)・本川越駅に、本校デザイン科の生徒が作成した「命の大切さを伝えるポスター」が掲示されます。

川越保健所が主催し、川越管区のすべての駅長様からの依頼を受け、長期休業明けに子ども達の自殺が急増する中、その防止を呼び掛けるのが目的のポスターです。

駅構内に掲示されています。見学したい旨を改札に告げれば入構可能です。