川越工高トピックス

川越工高トピックス

【化学科 技能検定(化学分析部門)実技試験】

1月10日(日)、国家資格の1つである「技能検定(化学分析部門)」が久喜工業高校で行われ、本校生徒8名が参加しました。定性と定量の2種類の分析実験を行い、時間内に結果を出す正確で迅速な作業が求められます。現在は2月の筆記試験に向けて取り組んでいます。

 

 

【3学期始業式】

1月8日(金) 3学期始業式後、3時間の授業を実施しました。
始業式では、校長先生の年頭の挨拶と緊急事態宣言下での高校生活についての注意がありました。
また、夢や目標に向かってどんな意識で日々を過ごすかについて、講話がありました。
困難な時ですが、生徒の皆さんには有意義な3学期を過ごしてほしいと思います。

校長式辞全文 3学期始業式_校長式辞.pdf

【機械科デジタルものづくりチーム】ミニチュア土偶贈呈式

12月25日(金) (公益財団法人) 埼玉県埋蔵文化財調査事業団・大宮工業高等学校・本校の3者での連携事業の一環として、機械科デジタルものづくりチームが製作した「ミニチュア土偶キーホルダー」250体を埋蔵文化財調査事業団様に贈呈しました。
このミニチュア土偶は、久喜市小林八束遺跡から出土した、みみずく土偶の写真データを3次元デジタルモデル化して、3Dプリンタで製作したものです。
埋蔵文化財調査事業団からは理事長の藤田様、資料活用部長の田中様にお越しいただきました。生徒から製作方法の説明をした後、土偶についてのご説明をいただき、ミニチュア土偶を贈呈いたしました。生徒にとっては、校外の方々と関わりながらの新しい学びとなり、有意義な連携となりました。
ご協力をいただきました皆様にはあらためて御礼申し上げます。ありがとうございました。

 

【2学期終業式】

12月25日(金) 例年より1日遅い終業式を実施しました。式はHR教室でオンラインで行いました。
校長式辞では、資格取得や部活動の成果報告、2学期の振り返りについてのお話がありました。また今後の高校生活について、校長先生からのお願い・提案がありました。
生徒の皆さんが一人ひとり「自分ごと」と捉えて、充実した高校生活を過ごしてほしいと思います。

校長式辞全文 2学期終業式_校長式辞.pdf

【建築科 2年生 校外学習】

12月24日(木)午前中、建築科2年生が校外学習を実施しました。

 今回の目的は『「ところざわサクラタウン」の見学を行い、都市計画の進め方や考え方を学ぶこと』『ランドマークとなる角川武蔵野ミュージアムを見学し、地域づくりについて理解しつつ、公共建築物について興味・関心を深める』ことです。 

角川武蔵野ミュージアムの佐藤様よりサクラタウン・KCM建築についての解説を頂き、その後2班に分かれ約1時間かけてミュージアム見学及びエリアごと説明をいただきました。最後に、屋外で神社及びミュージアムの説明および質疑応答がありました。約2時間の見学ツアーでしたが、生徒にとってはとても有意義な時間となり、公共建築物について興味・関心を深めることができました。全面的にご協力いただきました角川武蔵野ミュージアムのスタッフの方々に心より御礼申し上げます。