★☆部活動紹介☆★

  応援部は昨年に引き続き今年も男子生徒の入部があり、更に活気を増しております。
入部当初はほぼ全員が初心者ですので、丁寧な指導を心がけています。夏の野球応援に向けて、屋上での発声練習、演舞練習が主な活動になっています。

 【応援団小史】
 応援団部は昭和39年までは野球部の下部組織であり、応援団単体としては存在しない状態であった。
 それが昭和40年に入ると生徒有志が団を立ち上げようと練習に励み、結果41年に前身である応援委員会が設立された。
 昭和44年、48年に野球部が甲子園出場を果たし、応援団も川越工業高校の名誉のために惜しみない応援をし、
 48年の甲子園で準決勝まで進出したことは団の誇りになり、応援団の規模も大きくなっていった。
 現在、川越工業高校応援団は48代目になり、「校歌、工業節、応援歌一番、二番、勝ちませ踊り、葉門讃歌、応援団哀歌、
 三十六番応援歌、蛍の光」の九つの歌と「クローバー、扇の舞、悪魔、打倒、川工」の五つの拍手をもち日々練習に励んでいる。

【団旗紹介】
 我が校の団旗は大団旗、中団旗、小団旗があります。写真でお見せしている大団旗は、ポールの長さが約20尺、先端にある竿頭を含めると長さは約21尺半です。旗の大きさは畳で表すと約19畳で、重さは約80kgあります。
 グランドでプレーする選手に元気を与えています。
  
日誌

応援部からのお知らせ

応援団部 紹介

部活動紹介
私たち応援団部は、現在2年生4名、1年生1名で活動しています。新入生への校歌指導と野球部を中心とした運動部の応援に力を入れています。
練習は主に屋上で活動していますが、団旗を上げる練習は中庭、天候不良時は実習棟での活動になります。
0