化学科
化学は大きく分けると合成と分析という分野から成り立っています。合成技術を利用してプラスチック、医薬品、化粧品などの化学製品が作られ、私たちの生活を快適にしてくれています。また、分析技術を応用して品質検査、環境分析等が行われ、品質向上や地球環境の改善に役立っています。化学科では、これらの基礎知識や基本技術を確実に身につけることを目指します。

 

1年目 2年目 3年目

化学の基礎、基本を学習します。特に実技科目の実習と工業技術基礎を合わせて学ぶことで、実験器具や薬品の取り扱い、安全面などを重点的に学びます。

将来の進路を見据えた専門知識を高めます。様々な薬や材料の合成と成分分析、特に電子顕微鏡をはじめとする各種分析機器の操作などを学ぶ実習が特徴です。

進路や興味に合わせた授業選択ができます。2クラス合同で行う実習や課題研究で対話的な深い学びを実践しています。

クリックで拡大 クリックで拡大 クリックで拡大

 

 科目  学習内容
「工業技術基礎」
「化学実習」
「工業化学」
「化学技術」
化学の基礎から応用並びに化学を利用した分析や合成など、幅広い知識や技能を身につけます。
「情報技術基礎」 コンピュータの歴史から基本操作までを幅広く学びます。
「地球環境化学」 大気・水質・騒音など、地球環境の測定や、現状把握、そして改善策などについて幅広く学びます。
「材料化学」 工業材料の基礎知識や化学的性質について学習します。
「化学工学」 化学工場の機械・装置を理解し、操作・管理などに必要な基礎知識・技術について学習します。
「工業管理技術」 工業生産の運営と管理に関する基礎的な知識と技術について学習します。
「課題研究」 各自の興味・関心・進路に応じてテーマを選択し、実験・研究をします。

 

  
左より■人工宝石製造装置■電子顕微鏡■DNA鑑定装置
検定試験・取得可能な資格

■危険物取扱者(乙種1から6類)

危険物質を取り扱う場合に必要な資格です。ガソリン・アルコールなどを取り扱う乙種4類をはじめ全類合格を目指します。
 

■有機溶剤作業主任者

有機溶剤の取扱作業(印刷・塗装業など)に従事する労働者の指揮、監督などの際に必要な資格です。
 

■特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者(技能講習終了)

特定化学物質のPCBや塩素、重金属を取り扱う作業(電子部品、無機薬品の製造など)に従事する労働者の指揮、監督等が可能な資格です。
 

■毒物劇物取扱責任者

化学薬品や農薬などを取り扱う事業所で必要な資格です。
必要な単位を取得することにより卒業後、申請により得られます。
卒業生の声
  就職
在学中は、化学の基礎から応用までを幅広く学び、さらに資格取得にも励みました。授業の実習を通して、安全に対する意識の向上や、レポート作成で見解や結果をまとめ、期限内に必ず提出するという習慣が身に付きました。私は独立行政法人国立印刷局という日本銀行券・証券類等を製造する機関に就職しました。社会人となった今、高校3年間の経験が、職務を遂行する上での私の基盤となっています。