あいさつ

 

 

  ごあいさつ

  みなさんこんにちは。本校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。校長の染谷明生です。

  4月8日(月)に266名の新入生を迎え、令和6年度 第1学期が始まりました。

 各部活動でも新入部員が加わり、活気が高まっています。

 みなさんも新年度の始まりに新たな目標を持って、毎日を過ごしていることと思います。

 本校では、今年度の『目指す学校像』を次のように定めて、新年度を開始しました。 

 『 モノづくりをとおして新たな価値を見出し 新たな時代を創る技術者を育成する 』 

   ※ モノづくりの『モノ』をカタカナにして、これからの『モノづくり』を表現しています。

     これまでの『ものの形を作るという「ものづくり」』に加えて、『モノづくり』では、その製品をどう販売するのか?、

    どう使ってもらうのか?などまで考えることも含まれます。

     みなさんが、本校の学びの中で、新たな価値を見出すために創意工夫や試行錯誤する体験をとおして、よりよい社会を

    自ら創り出していける技術者(イノベーター)になる。ことを目指しています。

 

  ものづくりに興味・関心がある中学生のみなさん、そして、保護者のみなさん、ぜひ一度学校説明会や体験入学にいらしてください。

 そして本校の特色である実験・実習の様子をご覧になってください。

 本校の昇降口には「夢信進工道」という、本校の卒業生であり「Suica」の開発者 椎橋章夫氏の言葉が掲げられています。

 「夢を信じて工(たくみ=技術者)の道を進む」という意味です。

 夢を持ち、あきらめずに努力を続ければ、夢は必ず叶います。

 私たちと一緒に夢を見つけ、その夢に向かって一歩を踏み出してみませんか?

   みなさんのご来校を心よりお待ちしています。

                                  令和6年4月   埼玉県立川越工業高等学校校長

                                                     染谷明生