おいしい給食の紹介

2019年9月の記事一覧

本日の給食

 今日の給食は、かきたまうどん、チーズチヂミ、
フルーツ杏仁、牛乳です。


< かきたま(かき玉)うどん とは>
 体調がすぐれない時や季節の変わり目にポカ
ポカ温まるうどんを食べたくなります。今日の
メニュ-は、おいしいだしと卵がうどんに絡ん
で体にしみる かきたまうどん です。

本日の給食

 今日の給食は、豚肉のキムチ炒め、ごま和え、
ごはん、みそ汁、牛乳です。

<ゴマ、始まりの始まり>
 ゴマは、もともとはアフリカ・サバンナ生まれ
の熱帯産です。現在は熱帯地域から温帯地域まで
広く栽培されています。熱帯産と温帯産に分けら
れ、日本などで栽培されている温帯産のごまは、
約1mほどの高さになります。

本日の給食

 今日のメニューは、かじきのBBQソース、ジャーマンポテト、
野菜スープ、ごはん、牛乳、果物です。

<カジキについて>
各国で食用にされ、中でもマカジキとメカジキが多く利用
されています。カジキマグロという呼び名で取引されるこ
ともありますが、これは俗称、マグロとは別種です。

本日の給食

 今日のメニューは、野菜たっぷりの焼肉丼、みそ汁、
しらたきのナムル、牛乳です。

<ビタミンPとは>
 オレンジ等の果物や野菜に多く含まれます。今日の焼肉
丼のピーマンに多く含まれます。ビタミンPは、ビタミンCの働き
を助け、毛細血管を強くします。ビタミンCがたっぷりな
ピーマンと高タンパクな豚肉で美肌効果も期待できます。
<ナムルとは>
 ナムルとは、韓国料理で野菜や山菜を調味して和えた
おかずのことです。
 本場では大根、ほうれん草、わらび等をごま油やごま
で和えるものが一般的です。
 丼にごはんとナムル、肉、卵などをのせたビビンバは
日本でもおなじみの韓国料理です。

本日の給食

 今日のメニューは、オムライス、春雨サラダ、
オムライス、ジョア(4種の味より選択)です。

春雨とは>
 リョクトウ(緑豆)やジャガイモやサツマイモから
採取されたデンプンを原料として作られる乾燥食品で
す。細長い麺のような形をして、モチモチとした食感
が魅力です。

本日の給食

 今日のメニューは、ハムチーズ春巻き、回鍋肉、
中華スープ、ごはん、牛乳です。

<今日はキャベツたっぷり献立です>
 キャベツの原種はケールといい、青汁によく使わ
れる野菜です。カゼ予防と美肌に効くビタミンC、
胃を守るキャベジンを多く含んでいます。
<回鍋肉とは>
「回鍋」は「鍋に戻す」という意味で、調理済みの
料理を温め直すことです。塊のまま一度煮た肉を切
って鍋に戻し、油で炒め直した料理をいいます。
 日本の家庭用中華料理としては、豚肉の味噌炒め
とみなされることが多いです。

本日の給食

 今日のメニューは、サバおろし煮、かぼちゃの
甘酢炒め、ごはん、みそ汁、牛乳です。

<れんこん(蓮根)>
 れんこんは、ハスの花の泥の中の茎の部分です。
泥の中でも空気を蓄えられるように穴があいてい
ます。れんこんに含まれる糸をひくムチンという
たんぱく質は風邪予防、スタミナ強化に効果的で
す。
<サバの食べ頃>
 サバの旬は10~12月。 「マサバ」は日本近海で
獲れます。秋サバ、寒サバなどと呼ばれるように、
秋から冬にかけてが脂がのり、美味です。
 サバは刺身でも美味しく、多価不飽和脂肪酸が多
く身体にも良い栄養が沢山含まれています。

本日の給食

 今日のメニューは、カレーライス、ポーク、
枝豆サラダ、牛乳、ヨーグルトです。

<枝豆について>
 枝豆(えだまめ)は、未成熟で青いうちの大豆を
収穫し、食用にするものです。 枝豆という植物が、
大豆と別に存在する訳ではなく、一般的な大豆とは
収穫時期や調理・加工方法が異なるだけで、植物と
しては同一です。

本日の給食

 今日のメニューは、月見つくね、煮びたし、
すまし汁、白玉デザート、ごはん、牛乳です。

<今日はお月見献立です>
 今年の十五夜は、今日9月13日です。今日は、
月見つくね、フルーツ白玉のお月見献立となって
います。
<煮びたし>
 煮びたし とは、野菜や魚を薄い出汁で煮て、
そのまま冷まして味を含める料理です。

本日の給食

 今日のメニューは、鮭と青菜のクリームパスタ、ごぼう
サラダ、ジャーマンスープ、牛乳です。

< ごぼう について>
 日本人が食すようになったのは江戸時代から明治
にかけてで、根や葉を食用としている。日本の他、
朝鮮半島、台湾、中国東北部等で食材としています。
 食物繊維、特に水溶性食物繊維が豊富です。