おいしい給食の紹介

2019年4月の記事一覧

本日の給食

 本日のメニュ-は、たけのこごはん、肉豆腐、ゆかり和え、
すまし汁、柏餅、牛乳です。

- タケノコは、春の野菜 -
 タケノコの旬は、3月の終わり頃~5月のはじめ頃まで、
タケノコは、アスパラギン酸という旨味(うまみ)成分が
多く、疲労回復やスタミナ増強の効果があります。

本日の給食

 本日のメニューは、ピラフ、チキンサラダ、ミネストローネ、牛乳です。

- 鶏むね肉について -
 チキンサラダには、鶏むね肉が使われています。比較的
高タンパク低脂肪な部位です。蒸し焼きにした後に、丁寧
に手作業でさいて、野菜と和(あ)えています。 

本日の給食

 本日のメニューは、チキンビーンズ、ペンネソテー、野菜スープ
ごはん、牛乳です。

⁻ チキンビーンズの大豆と金時豆きんときまめ)⁻
 大 豆 ⇒ 主に脂質とタンパク質を多く含む成熟豆です。
 金時豆 ⇒ 炭水化物とタンパク質を多く含む成熟豆で、
       いんげん豆の一種です。
 豆類は、栄養価が高く、食物繊維も多いので、胃腸の
調子を整えてくれます。

本日の給食

 本日の給食のメニューは、さけの黄金焼き、信田煮、
わかめごはん、みそ汁、果物、牛乳です。

 鮭は、主に「オキアミ」などの動物プランクトンを
えさにしています。この動物プランクトンは、
アスタキサンチンという赤い色素を持っており、この
色素が鮭の身にたまり、ピンク色の身をしています。

本日の給食

 本日のメニューは、回鍋肉(ホイコーロー)、春雨サラダ、にら玉スープ、
ごはん、フルーツ杏仁、牛乳です。

- 回鍋肉(ホイコーロー)とは -
 回鍋肉とは、中国、四川の代表的な料理のひとつです。
 字の通りの「鍋を回す」のではなく、ホイコー=「鍋
に戻す」という意味で、本来は、鍋で煮た豚肉を切って
鍋に戻し、油で痛め直した料理のこと、を言います。

本日の給食

 本日のメニューは、親子丼、しらたきのナムル、みそ汁、牛乳です。

- 今日は親子丼です! -
 割り下で煮た食材(鶏肉や玉ねぎ)をでとじてご飯にのせる・・・
いわゆる丼料理の1つとされるのが「親子丼(おやこどん)」です。
 丼では物足りないし、かといってカツ丼は重過ぎる・・・そんな時
はヘルシーな鶏肉を使った親子丼で空腹を満たしましょう。
  ちなみに「親子丼」という名前は(親)と(子)を使うこと
が由来です。

本日の給食

本日のメニューは、さばのトマト煮、ジャーマンポテト、たまごスープ、
ごはん、ゼリー、牛乳です。

- サバ の効用 -
 サバなどの魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)
という脂肪が多く含まれています。これらの脂肪は、脳の細胞の
活動を活発にする働きがあります。

本日の給食

 本日のメニューは、ヤンニョムチキン、もやしのナムル、トックのスープ、ごはん、牛乳です。

☆ヤンニョム・チキンの「ヤンニョム」とは・・・
 韓国料理の合わせ調味料の総称を、ヤンニョムといいます。
 今日の給食のヤンニョム・チキンは、揚げた鶏肉をタレ(
ヤンニョム=にんにく・コチジャン・はちみつ等を合わせた
もの)と和(あ)えた一品です。

本日の給食

 本日の給食は、オムレツ、ひじきの煮物、ごはん、みそ汁、
ゼリー、牛乳です。

-大豆は畑の肉です-
 大豆は「畑の肉」と言われるほど、タンパク室が多く含まれて
います。タンパク質は、筋肉や血液の材料になります。
    今日の食材では、油揚げ(ひじきの煮物)、みそ(みそ汁)、
厚揚げ(みそ汁)に含まれています。

本日の給食

 本日のメニューは、肉じゃが、千草あえ、ごはん、みそ汁、牛乳です。

 本日の肉じゃがのじゃが芋には、ビタミンCが多く含まれています。
ビタミンCは、水に溶け出しやすいのですが、じゃが芋のでんぷんの
おかげで、熱した時などに失われにくくなる特性があります。