定時制ニュース

本日は、球技大会でした。

本日、令和2年12月21日(月)夕方4時から6時過ぎまで、球技大会(サッカー)をグラウンドで行いました。新型コロナウイルス感染症拡大に対応しなければならず、グラウンドでの開催、通常の夕方6時からではより寒くなり、怪我の防止の観点から夕方4時開始にして、創意工夫しての開始になりました。

事前準備から当日準備、開閉会式の運営、審判、片付けなどなど、ほんとうに生徒たちよく頑張りました。高校時代の思い出になったことは、間違いないと確信しています。特に生徒会・体育委員の頑張りは素晴らしかったです。

試合の方は、AリーグとBリーグの2つに分かれて、各学年で1チームを作り、全学年でリーグ戦(6試合×2グループ)を行いました。審判は先生方、ラインズマンが体育委員がしてくれて、15分という時間が寒さを忘れるくらい熱い競技を展開していました。Aリーグ優勝は3年生・Bリーグ優勝は1年生という結果でしたが、すべての学年が真剣に競技していて、我を忘れて先生方・生徒達みんなで応援も一生懸命でした。

球技大会は、競技「する」選手はもちろん、「見る」応援する先生方・生徒達、そして準備、運営をする「ささえる」生徒達・先生方がいたからこそ、成功裡に終えることができたと思います。みなさん、寒い中でしたが、お疲れ様でした。そして、そのあとの給食は、冬至にちなんだ「ほうとう」料理おいしかったです。