おいしい給食の紹介

毎日の給食を紹介していきます!

甘辛い揚げがのったきつねうどん

今日のメニューは、きつねうどん、かしわ天、
ゼリー、牛乳です。  

<給食室から>  

甘辛く煮た油揚げをのせたきつねうどん。

『きつね』と呼ばれるのは、油揚げが
きつねの好物であること。色や形がきつね
に似ていることからなんだとか・・・。

鶏胸肉を衣に付けて揚げたかしわ天も
一緒にしっかり食べて、体をあたためて
試験にのぞみましょう!

今が旬の里芋!

今日のメニューは、豚キムチ炒め、牛乳
春雨スープ、里芋の揚げだし、ごはんです。  

<給食室から>  

埼玉県の里芋の収穫量が、全国で第1位!
秋~冬が旬なので、スーパー等で見かける
ことも多いのでは・・・?

里芋がの特徴は、ムチンというぬめり成分。
ムチンは、胃の粘膜を保護してくれたり、
食べ物の吸収をおだやかにする作用が
あります。

今日は、鰆(さわら)のホイル焼きです。

今日のメニューは、白身魚(鰆)のホイル焼き、
ひじきの五目煮、ごはん、牛乳、みそ汁です。  

<給食室から>  

魚へんに春と書くように”春を告げる魚”と
言われる鰆。実は、冬でもおいしい魚です。

ビタミンDが多く含まれているので、カルシウム
の吸収を助け、骨を強くしてくれます!

今日は、野菜とチーズをのせ、ホイル焼きに
しました。

きのこたっぷりきこり風スパゲティ

今日のメニューは、きこり風スパゲティ、
大根とカニカマのサラダ、ジャーマンスープ 、
ジョアです。  

<給食室から>  

イタリアでは、「ボスカイオーラ」と呼ばれる
きこり風スパゲティ。「森の番人風」と
呼ばれることも。

森の食材であるきのこをたっぷり使った
スパゲティです。見た目が切り株に似ている
ことから、ツナが入ることも・・・。

様々な具を使った千草焼き

今日のメニューは、千草焼き、信田煮、
ミルクわらび餅、みそ汁、ごはん、牛乳です。  

<給食室から>  

千草焼きとは、
様々な細かい具が入った卵焼きのこと。

今日は、豚ひき肉、人参、枝豆、ひじき、
たけのこ等を使用しました。

様々な食材を使用することで、味や食感が
様々になり、栄養価も高くなります。

今日は、中華献立です!

今日のメニューは、油淋鶏、中華炒め、
粟米湯、果物、ごはん、牛乳です。  

<給食室から>  

油淋鶏(ユーリンチー)とは、
揚げた鶏肉に、長ねぎ等を加えた醤油ベース
のソースをかけたご飯の進む中華料理です。

粟米湯(スーミータン)は、
中華風のコーンスープのこと。
コーンクリームに溶き卵を加えた、
とろっと体のあたたまるスープです。

あさりを使ったクラムチャウダー

今日のメニューは、ミートローフ、大豆サラダ、
クラムチャウダー、ごはん、牛乳です。  

<給食室から>  
クラムとは、あさりやはまぐり等の二枚貝のこと。

クラムやベーコン、野菜等を牛乳と煮込んだ
アメリカ発祥のスープです。

しっかり食べて体をあたためましょう。

今日は、カブのスープです。

今日のメニューは、あんかけ焼きそば、
カブの豆乳スープ、焼きりんご、牛乳です。  

<給食室から>  
春と秋冬が旬のカブ。

秋冬のカブの方が甘味が強く、
今の時期はとてもおいしくなっています。

ミネラルやビタミンの他に、胃腸の働きを
助ける酵素も多く含まれています。

タイの家庭料理 ガパオライス

今日のメニューは、ガパオライス、ハムの
マリネ、トマトスープ、牛乳です。  

<給食室から>  
ガパオライスとは、バジル炒めごはんのこと。

「ガパオ」とは、ホーリーバジルという
ハーブの名前を意味しています。

バジルと一緒にひき肉や野菜を炒め、
ごはんの上にのせたタイの家庭料理です。

とろっとあたたまる吉野汁

今日のメニューは、さばのみそ煮、吉野汁、
厚揚げとなすの炒め物、ごはん、牛乳です。  

<給食室から>  
奈良県の郷土料理である吉野汁。

奈良県にある吉野地方は、葛(くず)の
産地であり、この葛でとろみをつけた汁
を吉野汁と呼ぶそうです。

とろっとしたとろみで、体があたたまる
すまし汁です。